格安スマホの基礎知識

【保存版】格安スマホの乗り換えの大きな流れ

【簡単】格安スマホへの乗り換え方を解説

最近TVや雑誌でもよく見かけるようになった「格安スマホ」。最近では店舗を出店する格安スマホ会社も増えてきて、皆さんの周りでも乗り換えてる人はいませんか!?

携帯料金が大手キャリアの半分近くまで下がり、品質やサービスも年々向上していることから利用者の満足度も高いです。

一方でホームページや案内を見ても「何だか難しそう」「乗り換えの手順がよく分からない」と感じることはありませんか?

店舗を構えている格安スマホ会社なら、実際に店員さんに相談して乗り換えることも可能ですが、格安スマホは基本ホームページから申し込んでご自身で契約や設定をします。

「えーー!無理!」と思ったアナタ!
大丈夫です。どこの格安スマホでも乗り換え方は基本一緒で難しそうに見えて実はシンプルで簡単なんです!

正しい知識と乗り換え方を知ることで、誰でも簡単に格安スマホに乗り換えて節約出来ます。このページでは格安スマホへの乗り換え方の流れやタイミングをお伝えします。

格安スマホ乗り換えの大きな流れ

格安スマホに乗り換えるには何からやったらいいの?
じゃあまずは簡単に流れを説明するね!

乗り換えの流れ

  • 乗り換える「格安スマホ会社」を決める
  • 現在の携帯電話会社から「MNP(番号ポータビリティ)予約番号」を発行。
  •  格安スマホ会社のホームページで申し込み
  • 格安スマホ会社から「SIMカード」が送付されます。
  • SIMカードを挿入・接続確認して終了
この5つが大きな流れだよ
思ったより手順は少ないけど、なんだかイメージがつかないわ。
ではそれぞれの詳しい内容を説明するね

step
1
乗り換える「格安スマホ会社」を決める

格安スマホ会社は大手キャリアの回線を借りて運営しており、大小合わせて1000社近くの格安スマホ会社が存在します。

格安スマホの事業者シェアでは「楽天モバイル(15.7%)」「mineo(11.7%)」「UQ mobile(11.1%)」と続いています。(2019年9月時点 MMD研究所調べ)

選ぶポイントとしては大きく「金額」「使用回線」「サービス」に分けられます。

まず「金額」は1ヶ月で使うデータ容量(パケット)オプション(「通話無料」など)で決まります。データ容量の金額は各社近い金額ですが、オプションやサービス面にそれぞれの特徴があります。ご自分にあったサービスを提供している格安スマホ会社を選ぶと良いでしょう。

2つ目の「使用回線」は、格安スマホ会社は大手キャリア(docomo、au、softbank)の回線を使用しています。つまり格安スマホ会社が「どこの大手キャリアの回線を借りているか」ということです。最近では「トリプルキャリア対応」で大手キャリア全てに対応している格安スマホ会社もあります。

「SIMフリー」「SIMロック解除した」端末はどこの回線でも問題ありません。ここで問題となるのは「SIMロック解除できない」端末です。

「SIMロック解除していない端末」は、対応した大手キャリアの回線、もしくはその回線を借りている格安スマホ会社しか使用できません。

例)au版 iPhoneを使用⇒au、もしくはau回線を借りている格安スマホ会社ならOK

まずは「SIMロック解除できる端末か」確認し、「SIMロック解除できない/しない」場合は、その大手キャリアの回線を借りている格安スマホ会社を選びましょう。

3つ目の「サービス」は格安スマホサービス独自のサービスで、ここに大きな特徴があります。

「〇〇分電話かけ放題」などは当たり前になってきていますが、例えば「LINE MOBILE」ならLINEのデータ通信量が減らなかったり、有料オプションでSNSのデータ通信もノーカウントにできます。また多少速度は遅くなりますがパケット使い放題の「パケ放題」や、家族で契約してパケットを共有して使えるなど、各社それぞれ魅力的なサービスを提供していますので、契約する格安スマホ会社を決める判断材料となります。

step
2
「MNP(番号ポータビリティ)予約番号」を発行する。

電話番号を変えずに、そのまま電話番号を使用できる「MNP(番号ポータビリティ)」。
このMNPを実行するために必要な「MNP予約番号」を取得します。

今お使いの携帯電話会社の「マイページ」から手続きが出来ます。申請の方法が分からない場合は店頭やお電話でも受け付け可能です。

即日中に「番号」がメールなどでお知らせされますので、保管してください。有効期限は15日以内ですが、乗り換える格安スマホ会社によっては「〇〇日以上残っている」という条件もありますので、早めに乗り換えてください。

step
3
格安スマホ会社のホームページで申し込み

契約したい格安スマホ会社の公式サイトからお申込みが可能です。ネットでのお申込みに自信がない方は、店頭のある格安スマホ会社でしたら調節お申込みが可能です。

必要なモノ

  • MNP予約番号
  • クレジットカード
  • 身分証明書

お申込みの際は「事務手数料」が追加されます。ご自身でお申込みされる方に限り、エントリーカードやキャンペーンサイトを利用することで、「事務手数料」を無料にすることが可能です。

step
4
格安スマホ会社から「SIMカード」が送付されます。<


申込が完了しますと、数日でSIMカードと設定マニュアルがお届けされます。

step
5
SIMカードを挿入・接続確認

設定にはインターネット環境が必須だよ。ご自宅にWi-Fiやモバイルルーターがないようだったら、無料Wi-Fiが使える場所で設定してください。

まず届いたSIMカードを挿入し、電源を入れて「回線切り替えの設定」をします。

設定といっても複雑なものではありませんが、格安スマホ会社によって異なります。(「サポートページで手続きする」「サポートセンターへ電話する」など)

その後、「APN設定」を行います。APNとはインターネットサーバーに接続する設定の事です。SIMカードと一緒に送付されたマニュアルに詳細は記載されているかと思います。

お使いの機種が「iPhone」の場合は簡単で、指定された「URLアドレス」にアクセスし、プロファイルをインストールするのみです。

「Android」の場合は設定画面に必要事項を入力していただく必要があります。

設定が完了し、Wi-Fiをオフにて「4G」という表示が画面上部に出ていれば設定完了です。

切替と同時に通信は格安スマホ会社に切り替わり、自動的に以前の携帯電話会社を解約となります。

まとめ

以上が格安スマホに乗り換える大きな流れだよ。
難しそうだと思ったけど、なんだか私にも出来そうな気がしてきたわ。
手順通り進めていけば誰でも簡単にできちゃうよ。設定も格安スマホ会社のマニュアルは初心者に分かりやすいように作っているから安心してね。

大手キャリアだと申し込みや設定まで店舗でやってくれるから、一般の人には難しいんじゃないかと感じますが、手順や流れさえ理解すれば「一本道」ですので誰でも簡単に出来るようになっています。格安スマホ会社も基本はユーザーに申し込みや設定することを前提としているので、分かりやすくシンプルにすることを徹底しています。

最近ではチャットでの質問などサポート面も充実してきております。一度ご自身でやってみるだけで「こんなに簡単なんだ!」と感動すると思いますよ。

-格安スマホの基礎知識

Copyright© 格安スマホのトリセツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.