格安スマホの基礎知識

【格安スマホに乗り換える前に】「SIMロック解除」って何?

格安スマホ会社が発行する「SIM(シム)カード」を、今お使いのスマホに入れ替えることで毎月のスマホ料金が安くなります。

では今お使いのスマホ本体が全ての「SIMカード」に対応しているかというと、特定のキャリア(携帯電話会社)にしか対応してないかもしれません。

それはスマホ本体に「SIM(シム)ロック」というものがかかっているからです。その他のキャリア(携帯電話会社)のSIMカードを使おうと思ったら、「SIMロック解除」という作業が必用になります。

「SIMロック」とは何か?どんな場合に「SIMロック解除」が必要か?を解説していきます。

「SIMロック」って何?

大手キャリア(docomo /au/softbank)で購入したスマホには、その携帯電話会社のSIMカードしか使えない「SIMロック」というものがかけられています。

またAppleで購入したiPhoneや、家電量販店やメーカーから購入したAndroidスマホは、「SIMフリー」といって最初から全ての携帯電話会社のSIMカードに対応しています。格安スマホ会社が販売しているスマホも「SIMフリー」が主流です。

つまり「docomo」で購入したスマホは、「docomo」のSIMカードしか使えない!ってことね。
正解!「au」や「softbank」のSIMカードは使えないんだ。
じゃあ格安SIMも使えないの??
大丈夫使えるよ!「SIMロックを解除する」する方法「SIMロック」解除しないまま使う方法と2種類ある。
なんだ!どっちでも大丈夫じゃん!
どちらでも大丈夫なんだけど、この2つの違いを間違えると使えない事になるから詳しく説明するね。

「SIMロック解除」して格安スマホを使う方法

先にお伝えした通り、SIMロックとは「その携帯電話会社のSIMカードしか使えない制限」のことです。「SIMロック解除」することで、全ての携帯電話会社のSIMカードが使えます。つまり「SIMフリー」に出来ます。その為、他の大手キャリアへの乗り換えはもちろん、全ての格安SIMも使えます。

じゃあすぐにでも「SIMロック解除」した方がいいよね!?
そうなんだけど、色々と条件があるんだ。その条件を説明するね。

SIMロック解除の条件

SIMロック解除の条件(docomo)

  • 2015年5月以降に発売された機種   解除可能機種
  • 分割購入の場合、購入日から100日経っていること。(一括購入や残債を清算すれば即日解除できます)
  • ネットワークの利用制限を受けていない(料金滞納など)
  • ご利用者本人であること

SIMロック解除の条件(au)

  • 2015年5月以降に発売された機種 解除可能機種
  • 分割購入の場合、購入日を1日として101日経っていること。(一括購入は即日解除が可能)
  • ネットワークの利用制限を受けていない(料金滞納など)
  • ご利用者本人であること

SIMロック解除の条件(softbank)

  • 2015年5月以降に発売された機種 解除可能機種
  • 分割購入の場合、購入日から101日経っていること。(一括購入は即日解除が可能)
  • ネットワークの利用制限を受けていない(料金滞納など)
  • ご利用者本人であること
残債が残っていても、指定された期間を過ぎていたら解除出来るのね。
あとはスマホが2015年5月以前に発売された機種は解除できないから気をつけてね。iPhoneなら「iPhone6S」以降に発売された機種が解除対象だよ。詳しくは各キャリアの「SIMロック解除可能機種」のリンクをつけてあるから確認してね。

SIMロック解除の手数料

SIMロック解除は「ショップ(店頭)」で行う方法と、インターネットで行う方法の2通りあります。

ショップで行う場合は「手数料」がかかります。インターネットからご自身で行う場合は「無料」です。難しい作業ではありませんのでご自身で解除されることをオススメします。

SIMロック解除手数料(docomo)

インターネット (My docomo) 無料
店頭(ドコモショップ) 3,000円(税抜)
電話 3,000円(税抜)

SIMロック解除手数料(au)

インターネット (My au) 無料
店頭 (auショップ) 3,000円(税抜)

SIMロック解除手数料(Softbank)

インターネット(My SoftBank) 無料
店頭(ソフトバンクショップ) 3,000円(税抜)

SIMロック解除方法

docomoの解除方法

step
1
IMEI(製造番号)を確認してメモする

iPhoneの場合
・「設定」→「一般」→「情報」の画面から確認。

Androidの場合
・電話アプリで「*#06#」とダイヤル入力すると表示されます。

step
2
My docomoにログイン

ログイン後、左上のメニューから「サービス一覧」を選択。

step
3
SIMロック解除

下へスクロールし「SIMロック解除」>「パソコン」を選択。

step
4
IMEI番号の入力

「SIMロック解除を行う機種」の項目に、Step1でメモした「IMEI番号」を入力。

step
5
手続きの完了

・「SIMロック解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックを入れる。

・「手続きを完了する」にチェック入れて完了です。

auの解除方法

step
1
「SIMロック解除のお手続き」を選択

au公式サイトより「SIMロック解除のお手続き(My au)」ページを開く

step
2
My auにログイン

IDと暗証番号を入力

step
3
SIMロック解除可否を確認する

下へスクロールしSIMロック解除可否を確認する。SIMロック解除可能な端末だった場合、左上のチェックを入れ選択する。

step
4
手続きの完了

「次へ」>「内容確認」>「解除理由」を選択>「この内容で申し込む」の順に選択>完了

Softbankの解除方法

step
1
IMEI(製造番号)を確認してメモする

iPhoneの場合
・「設定」→「一般」→「情報」の画面から確認。

Androidの場合
・電話アプリで「*#06#」とダイヤル入力すると表示されます。

step
2
My Softbankにログイン

ログイン後、右上のメニューから「契約・オプション管理」>「オプション」を選択。

step
3
SIMロック解除対象機種の手続き

下へスクロールし「SIMロック解除対象機種の手続き」を選択。

step
4
IMEI番号の入力

「SIMロック解除を行う機種」の項目に、Step1でメモした「IMEI番号」を入力。

step
5
手続きの完了

・「解除手続きする」を選択して完了。

「SIMロック解除はまだ完了しておりません」と表示されていますがSIMロック解除の手続き自体は完了です。
Android端末の場合は「解除コード」が表示されており、端末側で「解除コード」の入力の必要がありますのでコピー(orメモ)をとっておいてください。
実際にSIMロック解除が完了しているかどうかを「157」に電話することで確認ができます。

まとめ

全ての携帯電話会社のSIMカードが使える「SIMロック解除」。なんだか難しそうなイメージがありますが、条件さえ満たしていれば誰でも簡単に手続き出来ます。

自信がない方や面倒に思う方は店頭でも可能ですが、手数料を3000円近くも払うことになります。

ほぼ画面の指示通りに進んでいくだけですので、自己負担を減らすためにも、当ページを参考にご自身でお手続きされることをオススメいたします。やってみるとアッという間に終わって簡単なことに気づくはずです。

「SIMロック解除する」メリットはあっても、デメリットは1つもありません。逆にしないメリットもないので、条件を満たしたら「SIMロック解除」することを絶対的にオススメします。

SIMロック解除のメリット
・制限なく全ての携帯電話会社のSIMカードが使えるため、選択の幅が広がる。
・買取店に端末を売る場合や、フリマアプリで販売する際に高く売れやすい。

 

 

-格安スマホの基礎知識

Copyright© 格安スマホのトリセツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.